レーシックが評価される理由
レーシックが評価される理由
ホーム > 注目 > 最小限の食器や家電

最小限の食器や家電

普通は、不動産物件を売る際の入金というのは、まずは、手付金、しばらくして、中間金、そして、最終金の三段階に分けてということがよくある流れです。

 

時間的には、手付金の支払い後、一ヶ月ほど経ったら中間金を支払って、そのおよそ三ヶ月後に最終金が支払われるでしょう。

 

しかし、いくら支払われるかには注意が必要です。

 

大部分は最終金という名目で最後に入金されることが多いです。

 

手付金を現金で支払うというのは珍しくはないですが、記録が残ることもあり、全ての支払を売主指定の口座に支払うケースが大多数です。

 

まだ手続きしていない人もいるようですが、マイナンバーを提示するようにいわれることが、マンションなどの不動産物件を売った時にはあるのです。

 

ただ、それは売主が一個人で、買手が不動産業者などの会社(法人)である場合だけなので、レアケースといえるかもしれません。

 

しかも、例外があって、不動産物件の価格が100万円以下であれば、売り主のマイナンバー提示はいりません。

 

どうして、マイナンバーを提示するケースがあるのかというと、不動産物件を購入した法人が税務署に提出しなければならない書類にマイナンバーを書く必要があるので売手がマイナンバーの提示をすることになるのです。

 

幸いにも、家を売りに出したところ気に入ったという人が早々に現れて話がどんどん進んだ結果、想定していたより早い引越しになるかもしれません。

 

気持よく引き渡すためにも、売却を考えている際は荷物の整理に努めることです。

 

買い手がつくまで住むのであれば、最小限の食器や家電等を出すにとどめ、使わない品や不用品を分けて、時間を作って段ボール詰めしておけば、部屋もきれいになりますし、引越しもスムーズです。

jcom繋がらないモデム点滅